営業時間10:00~18:00

アロマージュ 049-261-7078

Blog
ブログ

2021.04.23アロマテラピー

4月の香り ~ゼラニウム~

4月になり、新たな生活のスタートをした人も多いかもしれませんね。
日本は4月が新学期なので、4月というと、小さい頃から新しい環境での始まりを思い起こします。
クラス替えがあって、新しい担任の先生が決まって、あの何とも言えないドキドキ感やワクワク感、緊張感が思い出されます。
学生に問わず、新社会人・部署異動なども、
4月=スタートというイメージが付きまといますよね。
今日は、そんな春、4月におすすめの精油を紹介します。

4月の香り ~ゼラニウム~
春らしい、華やかな香りです。
学名は、pelargonium×asperum というフウロソウ科の植物です。
プラナロムでは、ゼラニウム・エジプト、ゼラニウム・チャイナ、ゼラニウム・ブルボンなど、地域によって商品が分かれているケモタイプ精油です。
ぞれぞれのメーカーによって、若干香りの違いがあるんですね。

どれも、ちょっとローズのようなお花系の華やかな匂いとミント系の爽やかさがあります。
香りが強くて、華やかな香り!
甘すぎず、攻撃すぎず、ちょうどいいバランスの香りです。
新しいスタートの、あのワクワク感とちょっと緊張感にとても合う香りだと思います。
暖かくなって、華やいだ春の雰囲気にピッタリ!
緊張感があるときには癒されるし、ミントの香りは緩めすぎないし(^^)
これからがんばっていこう!という気持ちにもなります。
お店で見かけたら、立ち寄って香りを嗅いでみてください。

成分でいうと、
ゼラニウム・エジプトは、モノテルペンアルコール類が一番多く含まれます。これが半分以上を占めています。
アルコール類といえば、やはりの感染対策が期待できます。それでいて、いい香り。
お酒って、どれもいい香りですもんね。日本酒やワイン、ウィスキーなど、どれも香りを楽しめます。
だから、基本的にモノテルペンアルコール類を多く含む精油は、感染対策もできて、いい香りなのです。

さて、そのモノテルペンアルコール類の構成は、シトロネロール、ゲラニオール、リナロールです。
ん?
この配分は…
ローズのモノテルペンアルコール類の構成と似ています。
ローズの構成は、シトロネロール、ゲラニオール、ネロールです。
似てますよね。
3つ目の成分がゼラニウムはリナロール、ローズはネロールなのでそこは違うのですが、モノテルペンアルコール類が占める割合も、3つの成分の割合もほぼ同じなのです。
美肌成分のゲラニオールがローズと同じだけ入っているのですよ!
お肌にいいというのもわかります。
ローズような甘い香りもして、ゼラニウムの別名を「ローズゼラニウム」というのも納得です!

そして、少しですが、イソメントンというケトン類も入っています。
メントンといえば・・・。ペパーミントに入っているケトン類はℓメントン。
イソメントンとℓメントン。これも似ています。
だから、ちょっとミント調の爽やかな香りがするんですね。

甘いローズと爽やかなミント
よいバランスなんですよね。

そしてそして、モノテルペンアルコール類の次に多いのが、エステル類です。
エステル類は鎮静作用のあるリラックス成分。
4月の緊張感を癒してくれるものなのですね。

春のこの季節。
ドキドキワクワクの4月
ゼラニウムの香りでスタートしていきましょう。

クラフト作りをしたい方、トリートメントで使いたい方、アロマテラピーを学びたい方
お気軽にお問い合わせくださいませ。(^^)/













アロマージュ